ホーム

霧が訪れる山。シルキーヒル(絹の丘) 摘心、摘粒作業編

~いにしぇの里葡萄酒~

いにしぇの里葡萄酒公式ブログ。塩尻市北小野地区に2017年6月30日に設立したワイナリーです。葡萄、ワイン産地として全国的にも有名な長野県塩尻市。メルシャン、サントリーが世界に羽ばたかせた偉大な地区「桔梗が原」や「岩垂原」、新進気鋭な「洗馬」「柿沢」地区など素晴らしい葡萄が栽培されている塩尻市の中でも最も標高(850m)が高く、最新の地区「北小野」。

標高が高いが故に、芽吹き時期の遅霜や冬の寒さ(-20℃)の厳しさによる凍害などにより、果樹不毛地帯と言われ、葡萄はもちろん果樹栽培が全くされてきませんでした。しかし近年の温暖化により冬の寒さが和らぎ、葡萄の樹に藁や寒冷紗を巻くなどの保温対策をする事により葡萄栽培が可能になってきました。寒さに対応が出来ると、この標高の高さは武器になります。寒暖差が激しい事により葡萄が熟してもワインの品質に重要な酸が残り、シャープで骨格のあるエレガントなワインになります。

いにしぇの里では2020年1月現在

「ピノ・ノワール」

「メルロー」

「カベルネ・フラン」

「シャルドネ」

「ケルナー」

「リースリング」

「ゲヴェルツトラミネール」

「ナイアガラ」

「北小野」地区では計8品種を栽培しています。

その他に、桔梗が原で果樹農家をされている小松孔明氏が栽培している

「マスカット・ベーリーA」

2018年塩尻市洗馬にベリービーズワイナリーを立ち上げた川上真潔氏栽培の

「ナイアガラ」

を使わせて頂きながら年間約5,000本のワインを生産しています。

標高の高さ、寒暖差を生かしたドイツ系の葡萄品種を増やしながら、「北小野」地区に最適な葡萄とワイン醸造を模索中です。

FBページも宜しくお願い致します。

野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ

 

家族でやっている小さなワイナリーです



タイトルとURLをコピーしました